利用シーン
scene

お客様のニーズに使用用途によっては、可能性は無限です。

陸・海・空それぞれでの利用シーン

陸上での利用シーン

従来には無かった移動中継システムならではの運用方法として、防災訓練の意識を変えられます。また各種イベント等にも運用いただくことが可能です。

導入事例
  • 独立行政法人 情報通信研究機構
  • 防災車両 三重県尾鷹市
  • 防災車両 瀬戸内の科学コンビナート
  • 災害時通信車両 通信事業者に採用
  • 移動中継自転車 東京都江東区
  • 防災車両 沖縄県
  • 移動中継自転車 徳島マラソン・海部川風流マラソン

海上での利用シーン

災害発生時、陸路が使用できない場合も多く、船舶は重要な活動拠点となっています。自衛隊、海上保安庁、民間フェリー等の大型船舶にDMAT(災害時派遣医療チーム)が乗り込み、負傷者の救助・医療活動を想定しております。

その他の考えられる利用シーン
  • 海上警備時におけるリアルタイムでの情報伝達
  • 海洋生物の調査時におけるリアルタイムでの情報伝達

空での利用シーン

ヘリコプターや中継車両などの移動体から発せられるGPS信号等を捉え、自動追尾します。地震等による土砂崩れが発生し。電気・電話など地上回線のライフラインが寸断されたと仮定した場合、ヘリコプターを用いて、現地のインフラの確保を行います。

また、こちらのヘリ自動追尾雲台システムは平成21年度徳島県総合防災訓練にも採用されました。

総合パンフ防災版

ピックアップ記事

  1. company

    2016.1.25

    Undai PRO Series ホームページを開設しました。

    株式会社松浦機械製作所の製品「Undai PRO Series」公式ウェブサイトを公開しました。