沿革

同社は1961年に松浦信一さんにより東方機械製作所社として設立されました。会社は南田宮に金属工房として設立されました。1981年松浦良彦(現社長)がCEOに就任しました。同年、工場は南田宮2-5-62に移転し、松浦機械製作所に移転しました。1991年に設計と組立部門が設立されました。1992年に社名を松浦機械製作所株式会社に変更しました。

社名株式会社 松浦機械製作所
事業内容機械設計・製作・部品加工・ソフトウェア開発・各種雲台設計・次世代通信システム開発
本社徳島県徳島市南田宮2丁目5-62
電話 : 088-632-1056, FAX : 088-632-5746
創業1961年(昭和36年)
設立1981年(昭和56年)
資本金20,000,000 円
代表取締役松浦良彦 (工学博士)
社員数40名

社名

株式会社 松浦機械製作所

事業内容

機械設計・製作・部品加工・ソフトウェア開発・各種雲台設計・次世代通信システム開発

本社

徳島県徳島市南田宮2丁目5-62
電話 : 088-632-1056,

FAX : 088-632-5746

創業

1961年(昭和36年)

設立

1981年(昭和56年)

資本金

20,000,000 円

資代表取締役

松浦良彦 (工学博士)

社員数

40名

会社の業績

1997DNC通信ソフトで創造法認定を受ける
1999移動中継システムで創造法認定を受ける
2000「ISO9001」認証取得
2000徳島ニュービジネス大賞・通信技術賞受賞
2003(社)徳島新聞社より「産業賞」受賞
2006日本設計学会より「論文賞」受賞』
2008C-COM社と業務提携
2010無線LAN移動中継システムが、国の「地域産業資源活用事業」の認定を受ける
2010alvarion社と業務提携。日本唯一のエコパートナーとなる
2011雲台シリーズ発売する
2014南田宮に新社屋および工場の建設
2015衛星通信発行する
2019施設牟岐町から購入する
2021業界での60年の経験

代表者挨拶

豊かさを想像する企業でありたい。

すべての機械は、私たち人の暮らしを支えるもの。誰もが安心して、快適に、そして毎日を生き生きと過ごすためのツールでなければならない──。私たち松浦機械製作所のスタッフは、これを普遍の理念として心の根っこに据えて、日々の業務に向き合っています。

現在、弊社では、金型設計制作、機械設計制作、FA(ファクトリー・オートメーション)システム開発などの受注業務全般に加え、自社製品としての放送支援システム開発などを手がけています。日進月歩の技術革新が当たり前の業界にあって、私たちは一人ひとりのスキルアップと最新の技術導入、情報化への即時対応によって、常に求められるニーズにお応えしています。

発注いただいたお客さまと、製品を利用される消費者の皆様、そして弊社のスタッフやその家族に、本来の豊かさを感じていただけること。それが機械製作にかかわる私たち松浦機械製作所の願いです。

代表取締役 松浦良彦

人にもふるさとにもやさしいモノづくり。

私たち松浦機械製作所のふるさとは、緑あふれる徳島県です。しかし、世界では緑がどんどん失われ、南極の氷が急速に消滅し、温暖化を一つの要因とする環境破壊が、未来に深刻な影を落としています。

待ったなしの状況の下、具体的な温暖化防止策の模索が世界規模で続けられる中で、それでも、たとえばエネルギーの大量消費はいまだに続いています。

私たち松浦機械製作所は、豊かな自然が身近にあるからこそ、環境保護の大切さを肌で感じています。そして思います。人の暮らしをいっそう豊かにするためのモノづくり、機械づくりは、環境にやさしくなければならないと。

それは、消費エネルギーを最小限に抑える効率化であったり、環境にやさしい素材の吟味であったり、徹底したムダの排除であったり…。私たち松浦機械製作所は、『人にもふるさとにもやさしいモノづくり』とは何かを、常に考え続けています。

基本理念

「感謝」と「知恵と改善」

 

行動理念

  • 安全を優先せよ

  • 広い視野と情報分析をもて

  • スピードを心がけよ

  • まず自ら何をやるかを考えよう